最先端の医療を学びたい看護師におすすめの職場として挙げられるのが、ICUの仕事です。ICUは重篤度が高い患者さんを受け入れる施設であり、知識や技術はもちろん、柔軟な判断力も必要とされる現場です。

実際、患者さんの状態を知るため心電図や人工呼吸器の様子に常に気を配らなければなりません。急な変化があっても対応できるような、観察力も重要な部分です。

ICUは患者さんの命に関わる場であるため、医師をはじめとした色々な職種の医療スタッフが働いています。そのため、普段からチームワークを意識し、緊急時でもみんなでスムーズに治療にあたれるよう準備しておくことも大切です。

また、ICU看護師には、最新の医療を常に学び続ける姿勢だけでなく、患者さんとその家族に対し、感情的にならずにサポートする精神力も求められます。

ICU看護師を目指したいのであれば、BLS(一時救命処置)、ACLS(二次心肺蘇生法)を学び、技術を身につけておいた方がよいでしょう。医療に関わらず、心理学や福祉面等、必要だと思う勉強は貪欲に吸収しておくことをおすすめします。

ICUは、患者さんとその家族のみならず、スタッフも緊張感を感じる場所です。時には、そんなピリついた雰囲気を和らげるような声かけをするような心配りも大切です。ただ、緊張感がある中で心の余裕を持つのは、至難の技でもあります。

もし冷静かつ安定した精神状態を維持したいなら、日頃からストレスをしっかり発散し、健康的な睡眠と食事で心身の状態を整える心がけが欠かせません。

ICU看護師は、患者さんの死に直面する可能性があるハードな仕事ですが、一方で、重症の患者さんが回復する、奇跡的な瞬間を見る喜びもあります。その様子を見て、自分が生きる勇気や元気をもらえることもあるでしょう。

大変な職場だからこそ、患者さんが回復した時の喜びも強く感じられる、それこそがICUで働くメリットだと言えます。そんなICUの仕事に興味が湧いた方は、ぜひこちら(命を預かるICUの現場)も併せて読んでみてください。

 
 

Theme by HermesThemes

Copyright © 2020 患者さんに寄り添う仕事のリアル. All Rights Reserved