看護師の仕事は、想像以上に大変なものです。もし病棟で働いていれば、夜勤を担当しなければなりません。一方クリニックでは夜勤はないことがほとんどですが、残業が多いケースもあり得ます。

そういった労働環境のみならず、看護師には、肉体的な負担と精神的な負担がのしかかってきます。実際、なかなか病気が治らない患者さんのケアをするのは、楽ではありません。患者さん自身も気が滅入っているため、気持ちが持っていかれやすい方は、自身もダメージを受けてしまうでしょう。

精神的な辛さは避けられないものですが、一方で大きなやりがいを感じられる仕事でもあります。そのやりがいがあるからこそ、多くの看護師が負担に耐えながら仕事を続けていると言っても過言ではないでしょう。

一番のやりがいは、患者さんに感謝されることでしょう。病気の時はどんな人でも不安になりますし、痛みや症状に苦しめられます。そのような心細い時に、やさしく接してくれる看護師がいてくれたら、気持ちはいくらか楽になるものです。

実際、治療行為の時だけでなく、患者さんの訴えに耳を傾けるだけでも喜ばれます。不安な時は人に話を聞いてもらうだけでも楽になるからです。

その他、患者さんの家族に感謝されることも少なくありません。家族も不安な状態に置かれています。医師に言えないことを看護師に言って、気が楽になる場合もあるでしょう。

癌のような深刻な病気の場合は、その人の命を救えないケースもあり得ます。それでも一生懸命に看護を頑張れば、その思いは患者さんにもご家族にも伝わるものです。

患者さんが亡くなってしまった場合でも、家族から「ありがとう」の言葉をもらうことができれば、命は救えなかったとしても自分のやったことに意味があったと思えるでしょう。このように自分が最善を尽くせば、必ずやりがいを感じられるのが、看護師の仕事なのです。

 
 

Theme by HermesThemes

Copyright © 2019 患者さんに寄り添う仕事のリアル. All Rights Reserved